文水一週年音樂會《夏日音樂享宴》

票價:請洽主辦單位

*** 所有場次目前已全部劃位完畢,謝謝支持!***

【文水藝文中心】Wonderful 1st 週年慶─感恩音樂會

第一場 2013/08/02(五) 19:30~21:00
第二場 2013/08/04(日) 14:30~16:00

演出者介紹

日本知名聲樂家【五月女 智惠 (Chie Sotome)】小姐
日本知名鋼琴家【多田聰子(Tada Satoko)】小姐

演出活動詳細資訊

page.jpg

2013.08.-活動 中英文mix.jpg

2013.08.-活動 節目單.jpg

2013.0802-活動-聲樂家.jpg

聲樂家【五月女 智惠 (Chie Sotome)】小姐從東京藝術大學的聲樂學院畢業,她拿到歌劇碩士與獨唱博士的學位,也修完第37期的歌劇研究課程。在學時期.F.Travis在東京指揮的貝多芬第九號交響曲目中擔任獨唱,在第24屆義大利聲樂比賽中得到第一名的榮耀,在第39回藝術大學所辦的歌劇《溫莎的風流夫人》中擔任安娜的角色。

1994到1997年間在義大利留學,留學時期,她跟Engenia Ratti小姐學習技法演奏與歌劇語言,她也在Pascara音樂學院跟Mietta Sichele和Veriano Luchetti參加傳業課程。她在Luiei Illica比賽中進入到總決賽,回到日本後,在Seiji Ocawa指揮的松本Saito Kinen慶典中演奏,《浮士德的懲罰》歌劇裡面被選上當天堂的聲音。在大野和士指揮的佛朗茲‧施雷克爾的《遠的聲音》中獨唱,在沼尻竜典指揮的亞歴山大‧哲林斯基的《公主的生日》中獨唱。在新國立劇場演奏的歌劇《弄臣》,還有在秋山和慶指揮的東京愛樂演奏的《海的交響曲》中獨唱,同時也在各種情況下做獨唱。她發行了近代義大利歌曲【Rosa】/【LMCD】/【Bellini歌曲集】/【fontec】等CD,也跟著嶺真子、高丈二、竹內功、照惠等幾位專家做學習。

現在是東京室內歌劇場、日本演奏聯盟的會員,也在聖德大學附屬女子高級中學擔任兼任講師。

五月女智恵(Chie SO-TOME)プロフィール》

東京藝術大学声楽科卒業、同大学院修士課程オペラ科及び博士課程独唱科修了。博士(音楽)。二期会オペラスタジオ第37期修了。在学中、浅草公会堂にてF・トラヴィス指揮、「台東第九公演」のソリストを務める。第24回イタリア声楽コンコルソにてミラノ大賞(第1位)受賞。第39回芸大定期オペラ《ウィンザーの陽気な女房たち》(アンナ役)でデビュー。94〜97年にかけてイタリアに留学。M・マンジャ音楽院、ペスカーラ音楽アカデミーのプロフェッショナル・コースにて研鑚を積む。第1回ルイージ・イッリカ国際コンクールにてファイナリスト。帰国後、小澤征爾指揮“サイトウ・キネン・フェスティバル松本”において《ファウストの劫罰》の“天の声”に抜擢される。東京フィルにおいて大野和士指揮/ シュレーカー《はるかなる響き》、沼尻竜典指揮/ツェムリンスキー《王女様の誕生日》、新国立劇場にて《リゴレット》、また、秋山和慶指揮《海の交響曲》等のソリストとして多数出演。CDは、近代イタリア歌曲〈ローザ〉(LMCD)、〈ベッリーニ歌曲集〉(fontec)を発売。嶺貞子、高丈二、竹内功・照惠、E・ラッティの各氏に師事。現在、二期会、東京室内歌劇場、日本演奏連盟各会員、聖徳大学附属女子高等学校兼任講師。  

2013.0802-活動-鋼琴家.jpg

鋼琴家【多田聰子(Tada Satoko)】小姐為東京藝術大學樂器科鋼琴専攻,在學中多次與國内外著名演奏家共演,畢業時即開始専任同學科聲樂伴奏助手。第30屆国際義大利聲樂CONCORSO比賽中,得到表彰式特別招聘審査員 Marcello Abbado教授的特別讚詞;也在NHK綜合電視台、NHKーFM廣播電台等音樂節目中演出,宮内廳主催皇居桃花楽堂,更在日本天皇前演奏出演。除了這些以外,更有獨特的演奏活動。曾擔任「X-JAPAN」代表人物YOSHIKI的個人鋼琴指導。在NHK音楽廳、日本武道館、東京巨蛋都有共同演出過。

瀬戸内寂聴現在語譯的「源氏物語」(朗読:秋吉久美子、山本陽子、有馬稲子等)音樂總監並參予蕭邦夜曲的錄音工作。SONY CD COUNTERTENOR 彌勒忠史的CD (義大利古典歌曲集)KING NTERNATIONAL販売中。擔任男高音錦織健的伴奏,在日本全國的公演已超過200次以上。

現為東京藝術大學的講師。

《多田聡子(ただ さとこ)ピアノ》
東京芸術大学附属音楽高校を経て同学器楽科ピアノ専攻卒業。卒業年度より同学声楽科にて伴奏助手を務める。在学中より器楽・声楽を問わず内外の著名な演奏家と共演を重ねる。第30回イタリア声楽コンコルソでは表彰式にて特別招聘審査員マルチェロ・アッバード氏より異例の賛辞を受けた。NHK総合テレビ、NHK-FMなど音楽番組への出演多数。宮内庁主催皇居桃花楽堂御前演奏会に出演。一方、ジャンルにとらわれないユニークな演奏活動では、「X-JAPAN」のリーダーYOSHIKIのピアノを個人指導し、NHKホール、日本武道館、東京ドームにて共演。瀬戸内寂聴現代語訳による「源氏物語」(朗読:秋吉久美子 山本陽子有馬稲子 他)の音楽を担当し、ショパンのノクターンを録音。(ソニーレコード)カウンターテナー彌勒忠史とのCD「イタリア古典歌曲集」がキングインターナショナルより発売中。テノールの錦織健の伴奏者としては日本全国ですでに200回を超える公演を行っている。 現在東京芸術大学非常勤講師。
 

2013.0802-活動-節目單.jpg